キャリア相談を受ける際の注意点

キャリア相談を受ける際の注意点

キャリア相談を受けるときの注意点ですが、おそらく誰でも考え付くだろうと思えることは、現状の不平や不満を言い過ぎないというか、それに終始するのは避けるということです。
不平や不満などネガティブな感情が中心の状態で、明るいポジティブな将来像が描けると思うでしょうか。
それは厳しいことは誰でも分かることであり、確かに相談をする以上は一切不平不満がない状態というのもまた考えにくく、ある程度包み隠さず言ってもらって構わないのですが、そればかりになることがないように気を付ける必要があります。
包み隠さず言うことと類似する点ですが、キャリア相談では本音で腹を割って話すことも大事です。
こんなことを言っては社会人失格ではないかとか、それこそ今後のキャリア形成に影響するのではないかと必要以上に恐れて自分を良く見せようとしてはなりません。
そんなことをして受けた相談は結局は自分にとってハッピーな結果にはならず、良いキャリアを築くことにならないからです。

相性の良いキャリア相談担当者に出会うメリット

希望して入社した会社だったとしても働いているうちに違和感を覚えたり、予想とは違ったりなど満足できない状況になることは誰にでもあり得ることです。
そんな時は転職や独立を検討するでしょうが、すぐに決めないことが大切です。
たとえば、色々な人の聞いてみることは考え方の幅を広げるうえで効果的です。
身近な人でも良いですし、場合によってはキャリア相談を利用することも手の1つでしょう。
ただ、キャリア相談を利用するなら相性の良い担当者に出会うことが大事です。
相性が良いキャリア担当者に出会うメリットは話しやすいので本音を伝えられること、しっかりと考えを教えてくれることなどがあります。
話しやすいということは会話が弾む分、自分のイメージを正確に伝えられますし、担当者が考えていることをわかりやすく教えてもらえます。
自分に合っているかどうかわからない時は1回や1社で止めてしまうのではなく、複数のキャリア相談を利用してみましょう。

キャリア相談に関する情報サイト
キャリア相談の基礎知識

このサイトでは、キャリア相談について詳しく説明しています。誰もが一度は転職を考えるものですが、自分一人の考えで行動すると失敗のリスクが高まってしまいます。そんなときに頼りになるのが専門家の意見や指導です。専門的な知識や豊富な経験に基づいたキャリアカウンセリングを行うので、安心感があります。もちろん本音で話すなど、信頼関係の構築も不可欠です。

Search